食のキホン「軸食」とは。

カロリーや栄養素だけではない、元氣な心と体を整え続けるための「軸となる食」を学ぶ。

受け止める心と体にも着目した健康的な体づくりのための食事方法。


「痩せたい、きれいになりたい、何を食べたらいいの?」
食べる量やカロリーばかりに気を取られて、食事の役割りを忘れていませんか?
 
栄養素も大切な健康の要素ですが、食べたものがきちんと消化・吸収されていなければ意味がありません。きちんと胃腸が働き続けるためには、胃腸も正しくトレーニングをしてあげることが重要です。
食べるものばかりを気にするのではなく、食べたものを体の中できちんと使えているのか、食べる前や食べた後も含めた大切な食事のポイント。一生続けられる、常に健康的なカラダを維持するための「食べる機能」を高められる「食」について、学びます。
 
「しっかり食べて、しっかり使って、しっかり出す!」
体の機能を活かし維持することで、良い循環を作り続ける。
循環がうまくいけば、自然と内側から健康的で綺麗な心と体に変化していきます。そのための土台となる「食」の考え方を育みましょう!
 

日本型の食生活「ご飯とお味噌汁」を軸とした食事

 
日本に伝わる「ご飯とお味噌汁」。
日本人に合った食事スタイルで、心と体を元氣にする食事の「軸」をつくります。毎日の生活の中でいつどんなことに気を付けて選択・行動をしたらよいのか判断するためのものさしができます。より良い食の判断を自分でできるようになるということは、「一生ものの健康的な食習慣を身につける」ということ。例えば、「その時だけ痩せる」といったものではなく、リバウンドなく心身ともに元氣で居続けるための食習慣となります。
 
シンプルに贅沢に。
 
心と体を整え続ける日本型の食事のパワーを知り、実践していきましょう!

 

運動の効果を上げ、元氣・輝きを引きあげるための食事

 
体を変化させるための土台である「食」。運動だけではなく、体をつくりかえるために、食事は大きな要素の一つです。どれだけ頑張って体を動かしていても、食が乱れると疲労が取れなくなったり、体調を崩したり、思ったような効果が出ないことがあります。
 
体を動かし消費をしたら、しっかりと修復させることが重要です。
 
人によってライフスタイルは様々。運動と食事、食事と睡眠、日々の活動と食事といったように日常生活の中で起きることと関連させて「食」を捉えます。健康的な体づくりのために「食べて、使って、出す」の循環を継続させる日本型食生活のもつ力を知り実感することができます
 
 
また、どれだけ知識があっても、自分自身の生活で実践できなければ意味がありません。毎日のことだからこそ、「楽しく、美味しく」は大切なポイント。生活スタイルに合わせた食事が実践できるようfeelin′がサポートいたします。まずご自身で実践し体験することで、多くの気づきが得られます。相手に変化をもたらすためのポイントを見出す力がつきます。
 
動くことと併せて実践することで、さらに健康的に心と体を整えましょう。


 

ERIのプロフィール


米澤 恵里 (ERI YONEAWA)

 
スマイルスピリッツ(Smile Spirits)副代表
食コンディショニングコーチ
 

【保有資格】 

 ・言語聴覚士
 ・一般社団法人 食アスリート協会 食アスリートシニアインストラクター
 ・一般社団法人 日本健康食育協会 健康食育シニアマスター


「食」と「からだ」を学ぶfeelin’ワークショップの中で、「食」を担当するERIです。
 

経歴

5年間 総合病院のリハビリテーション科にて言語聴覚士として勤務。
「食べる機能」についての機能回復や環境調整などの業務に関わる。
その後、飲食など食にまつわる仕事を経て、自分の病気をきっかけ健康と食について学び始め、過去にスポーツに打ち込む中で体の不調があったこともありスポーツと食についても学びを深める。
 
現在は、スポーツ選手をはじめ、大学生アスリートの食事のサポート、一般の方へのセミナー開催・食事サポートを行っている。「なぜ食べるのか」「何のために食べるのか」「元氣に健康な心身を整え続けるための食」など、何を食べるかだけではなく、どう食べるのか、心の部分からのサポートを行っている。
 
 
 

「食」に対する思い

 
私ERIが皆さんと実践していきたいこと、それは「自分自身が持っている力を発揮し、活き活きと輝き笑顔で人生を生き抜く」こと。
 
 
私たちの体も心も、過去に自分が選択し、食べたものでできています。
 
食事は毎日欠かさず食べるもの。
体を作るものと知っていても、ついおろそかにしてしまったり、なんとなく食べていたり。気を遣っているつもりが、なかなかうまくいかなかったりしていませんか?
 
また、なんとなく体の調子が良くないという場合、体が変わらないのは体質のせいと諦めていませんか?
その不調は、日々の行動(習慣)が原因になっているのかもしれません!
 
 
過去に自分自身が体験した体の不調。スポーツをしている間、社会人として働いている間、体の不調を感じることがありました。病気を患ったりもしました。そこで、「食」ということについて学び、実践する中で、基礎体温が変わり、肌の質感が変わったり、自分が「変わらない」とあきらめていたことが変化していきました。
 
食の情報にあふれる今、私は自分に変化をもたらす食事、家族と一緒に長く続けられる食事の軸を手に入れました。
 
 
生きること=社会の中で活動すること
生きることは活動していることです。そして、その活動するエネルギーを補うのは食べることです。
 
だから、
 
生きること=食べること
 
食べたものが自分自身を作っているのであれば、自分が生きているこの時間も食事が影響しているということになります。
 
 
「自分がどんな風に生きていきたいか」を考えた時
私は「最後まで笑って生きていたい」と強く思いました。
 
今がよければ良しではなく、今も楽しみながら未来の自分も笑顔でいてほしい。
 
 
病気になってからではなく、元氣なうちから意識をして元気な自分づくりの習慣にしてほしい。
今持っている機能を引き出しながら、維持すること。
 
病気になる前に!
怪我をする前に!
 
できることがあります。
食事は体も心も変えてくれます。
何を食べるかだけではありません。
 
多くの方に「やりたいことを楽しめる体と心を作り続けてほしい」という思いで、毎日の食事からサポートすることを始めました。
 
どう食べるのか、何をイメージして食べるのか、どんなバランスで?
ライフスタイルには合わせた食事、継続し体を変える食事について提案・サポートしています。
 
 
 

 feelin’への思い

「女性のための」feelin’。
女性が抱える問題や、女性だから共感できることがあります。
女性ならではの問題に向き合いながら、女性をサポートしたいということでfeelin’はスタートしました。
 
 
体を動かす人ほど、食の影響は大きく出やすい。
スポーツをしていて、またスポーツする人をサポートしていて感じること。
 
体を動かすだけでは、体は変わりません。
体を動かすということは、エネルギーや細胞を消耗していることです。きちんと補充、修復するための食事をとらなければ、運動が体を傷つけることになります。
体を動かしながら、内側から良い方向へ変化させていくために、とても重要なものの一つが食事です。
 
体に携わる仕事をしている方が、もっと効果的に体を変える方法をアドバイスできたり、健康になりたいと願う方が、我慢することなく継続し変化を感じることができるものをつくりたい。聞いて終わりではなく、日々の中に定着できるようなサポートをしていけるものをつくりたいと願い、feelin’で活動をしています。
 
フランクリンメソッドで美しい体の動き、姿勢を習慣化し、食で内側から元氣に輝き続ける。美しくパワフルな女性が増えることを願っています!
 
 
 
 

ERIからのメッセージ

 
こんにちは。
 
「元氣」ですか?
楽しんでますか?
 
食事が、我慢するものになっていませんか?
 
 
食べたものを消化吸収できて、きちんと排出できる胃腸を、我慢なしの食事でつくりませんか!心から笑える「元氣」な女性の仲間を増やしたいと願っています!
 
 
一緒に、周りの人までも元氣にする自分であるために学びを深め、実践していきましょう!
 
 
スマイルスピリッツのホームページはこちらから